custom-header

フランクフルト旅行でのごはんについて

フランクフルト旅行でのごはんについて

2
画像参照:Rubén Vique

ドイツのフランクフルト旅行でのごはんで食したい料理はいくつかあります。

まず1つ目としてソーセージがあげられます。なぜなら、ドイツのソーセージは約1500種類以上もあると言われているからです。
そのため、レストランやインビス、屋台、ビアホール等店ごとにそのソーセージの味も調理法も大きさも異なり、
食べ比べをしながら食事を楽しめます。
また、シンプルにパンにソーセージを挟んだだけのごはんも店によりさまざまな味や触感を楽しむことができるため、
食べ比べを行うことも醍醐味と言えます。

また、7種類以上のハーブをブレンドして煮込んだ「フランクフルト風グリーンソース」は現地で特に人気のある料理となっています。
その独特の風味はフランクフルトでしか味わうことのできない一品と言えます。

その他、ドイツはビールにおいても種類が豊富な土地柄です。そのため、ドイツビールだけで約5000種類もあると言われています。
そのため、旅行の際には飲み比べてみるのも醍醐味と言えます。
特に人気の高いビールとして少し濁りのある「ピルスナー」や「黒ビール」「白ビール」等があります。
また、ビールの他にも甘酸っぱい「アップルワイン」やフルーティな「ドイツワイン」も挑戦したい一品と言えます。

アップルワインはフランクフルトを代表するお酒で専門店も多数揃っています。

その他、酢漬けのキャベツである「サワークラウト」や玉ねぎのケーキである「ツヴァイーヴェル・クーヘン」なども
フランクフルト旅行でのごはんで食したい料理と言えます。