custom-header

ドイツ旅行の要衝フランクフルト

ドイツ旅行の要衝フランクフルト

top
画像参照:Kiefer.

ドイツを旅行する場合に、フランクフルト到着の便を使う日本人旅行者は多いです。
なぜなら、羽田空港および成田国際空港、さらには関西国際空港や中部国際空港からも、
この世界最大級クラスのフランクフルト国際空港行き直行便が出ており、まさにフランクフルトはドイツの玄関口といえます。
またこの街は、ドイツやヨーロッパのほぼ中央に位置し、主要な鉄道路線や道路交通網がアクセスしているため、
フランクフルトを起点にするとヨーロッパの周遊旅行がしやすいというメリットがあります。
正式にはこの街はフランクフルト・アム・マイン(Frankfurt am Main)という名称で、
70万人ほどの人口がいるドイツ・ヘッセン州最大の都市です。
ドイツ政治の中心地はベルリンですが、ドイツ経済の中心地はフランクフルトと言えます。
それだけに一見マンハッタンのような高層のオフィスビルが立ち並んでいる景色は圧巻です。
しかし、フランクフルトは都会的な表情を見せる高層ビルだけではありません。
街の中心であるレーマー広場には、ドイツの伝統的な造りである美しい切妻屋根の家が並び、
さらにそのすぐ側に建つ95mの高さの塔を持つ重厚な大聖堂と、さながら中世にタイムスリップしたかのような趣を残しています。
また、『若きウェルテルの悩み』などを執筆したドイツ屈指の文豪であるヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの生家と、
そのすぐ隣にはゲーテが博物館が人気の観光スポットになっています。
ゲーテのオリジナルの家は第二次世界大戦下において破壊されてしまったため、
現在の建物は調度品はそのままに忠実に復元されたものです。

最近人気のフランクフルトの名所といえば、最頂部240メートルの超高層ビルであるマインタワーの展望テラスです。
こちらに設置されているエレベーターは秒速7メートルで、ドイツ国内最速エレベーターとなっています。
マインタワーにはレストランやバーなども入っており、素晴らしい景色を眺めながら食事をすることが出来ます。
空港から市内へSバーンという鉄道で移動する時や、市内移動で使うトラムなどは改札はありませんが、
スタッフがたまにチケットを所持しているかをチェックしにくるので、忘れないようにチケットを購入しましょう。
また購入した乗車券は、使用するときに機械に差し込んで刻印をする必要があります。
もし刻印をしていない場合は、言い訳無用で罰金対象になってしまうので注意してください。
旅行者には、市内の交通機関が乗り放題になる1日券などの利用も便利です。

お勧めサイト

米国ISM製造業景況指数
米国の主要経済指標の中でも非常に早い段階で発表される指数として注目